ご案内

御神池お水替え祭

2018/07/06

お水替え祭7月6日(金)
総本山如意寺(朝10時~)

7月7日(土)
吉野川河畔(朝づとめ終了後)


 水の恵みに感謝し、御本尊さまに御加護を祈る御神池お水替え祭が7月6・7日の両日、総本山如意寺と吉野川河畔で執行されます。
 1日目は御神池お水替え神事が厳修され、大森慈祥管長猊下を先頭に御神池のお水がくみ出されます。農業・漁業・福徳開運・病気平癒などに不思議なおかげをもたらすお水は、当日に限り持ち帰ることができます。
 午後からは信者一人一人の願い事が成就するよう笹祈願が執り行われ、管長猊下が一本一本洒水された笹は二日目の朝づとめ終了後に吉野川に流されます。笹祈願は、教区・支部を通じて配布される短冊に祈願事項・氏名・年齢を記入し、所属する班長へ申し込みます。
 夏の儀式行事のスタートを切る御神池お水替え祭に、多くの信友と参拝しよう。

参拝者の皆さまへ
 例年、境内は大賑わいとなり、周辺道路を含めて大変な混雑が予想されます。当日は、お互いに気持ちよく参拝できますようご協力をお願い致します。
 また、願い事が記した短冊をお持ちの皆さまは、笹祈願に備えて笹渡し場で笹をお受け取りいただき、短冊の飾り付けをお願い致します。

お水替えの順序
※必ずお水替え神事に臨んでから、御神池のお水を入れてください。
・お水替えは、正門でお配りする整理券の番号順に行っていただきます。境内放送で番号を呼び出された方は、本堂前にお並びください(雨天の際は、教堂1階にお並びください)。
・お配りするくつ袋に履き物を入れて本堂へお上がりください。帽子を脱ぎ、履き物は各自でお持ちください。
※素足では、本堂へ上がっていただくことができません。必ず靴下かストッキングを着用してください。
・本堂内では、御真言をお唱えください。
・本堂内で、係が手のひらに塗香をお載せしますので、手や体に付けてお清めください。
・順番が来ましたら、御本殿の前で合唱一礼してお水替え神事に臨みます。係から御神池のお水の入った柄杓を受け取り、桧の器に柄杓のお水を入れてください。
・係の誘導に従って、左右どちらかの順路にお進みください。出口でうちわをお渡しします。
・境内の御神池お水汲み場で、お水をいただいてください。

マナーを守ってゆっくり安全に
・当日は警備会社のガードマンが交通整理に当たります。ガードマンの誘導指示に従ってください。
・混雑しますので、お水の積み込みのために如意寺周辺へ車の乗り入れはご遠慮ください。
・本堂に持ち込むことができる容器は、ペットボトル2㍑までの大きさです。ご自分で持ち歩ける大きさにしてください。
・大きな容器に限り、駐車場まで輸送させていただきます。輸送本部で用意している所定の用紙に必要事項を記入し、容器に張ってください。輸送先は御廟西駐車場に限らせていただきます。お帰りの際、各駐車場から御廟西駐車場へ立ち寄ってください。
・如意寺正門前で、業者が宅配便の申し込みを受け付けます。