辯天宗について

今日のお言葉

おことば9

じっとしていて何が救われますか

 水の心を心とせよ。水の心あるところ、辯才天は常にそなたとともにあって現世苦業を滅するであろう――昭和9年春、宗祖さまが御本尊さまからいただかれたおことばである。
ここに信仰の本質がある。「救われる」とは、水の心を心とする生き方をすること。それは自分の願いが成就するだけでなく、他のために尽くす、奉仕の生き方なのだ。このことが分かれば、次は行動だ。他のために尽くし切られた宗祖さまをお手本とし、奉仕の歩みを始めよう。御本尊さまは、そんな人とともにあって、現世苦業を滅してくださる。「必ず助けよう」とおっしゃっておられるのである。