辯天宗について

今日のお言葉

おことば21

災いは口からと申します ことばを慎みましょう

 人間は言葉なしでは生きてゆけない。言葉は誠に大切だ。だが、祈りの言葉を唱えるその口で、他人の悪口を言ったりする。あまりに言葉を無意識に使いすぎていないだろうか。
 「慎む」とは、言葉を少なくするのではない。慎むという文字は「まこと」と「こころ」から成っている。まごころに根ざした言葉を多く使うことが「慎む」ということである。
 言葉を災いの門とするか、幸せへの入口とするか、それはあなたの心次第である。